スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ipiales, COLOMBIA

[time differences]
GMT -0500


[date]
03.29.2009-03.30


[accommodation]
Hotel Belmonte
11000COP/day


[how to come from Cali]
Cali->Ipiales
bus
40000COP


[about accommodation]
部屋はシングル。
ホテルのおばちゃんがすごくいい感じ。
チェックアウトは午後2時までに。


[about location]
エクアドル国境の近くの街。
カリから来ると少し寒く感じるかも。
観光名所はSantuario de Las Lajasという教会のみ。
明るいうちにIpialesに着くなら、
通過してエクアドルに入ってもよし。
意外と街。


[misc]
バスから荷物を降ろして背負った瞬間、
バックパックから強烈な異臭が。

トランクの何かがこぼれたみたいで、
それがバックパックにかかったようだ。

すげー小便くさい。
バスにトイレはついていなかったから、
リアルに小便ではないはず。そう信じたい。

ドア開けておかないと、
部屋に臭いが充満するから、
におい取れるまでドミトリー泊まれないな。
勘弁してくれよ。

バックパックカバーかけてなかったら、
中身もやられていただろうから、
最悪のケースを免れてよかったと思うしかない。

部屋に着いてから、
バケツに水ためて洗濯洗剤溶かして、
それをこすり付けて臭い取ろうとしたけど、
あまりあまり変わらんし。

コロンビアは今まで移動が無駄に多かったからすごく疲れていて、
ホテル着いたら即寝ようと思ってたのに余計な仕事が増えてがっくり。

夜中に目が覚めたら、
部屋はにおいで臭いは、
近くの部屋のカップルが夜の営みに励んでいて
声がでかくてうるさいは、と、
やりきれない思いを抱きつつ、
コロンビア最後の夜は過ぎた。

とりあえず、キトまで休憩はお預けだ。
キトなら今日中に着く。もう少しだ。


それにしても、
これからこのバックパック背負って旅するのか。
イヤだな…
におい取れるかな…

キトに着いたらバックパック洗濯屋に出そうかな。
そもそも、バックパックなんて洗ってくれるんだろうか?

そういえば、ゆーじさんと別れてから、
日本人と全く会わなかったなあ。
みんな日本人を珍しがってた。


最後にコロンビア情報。

俺は海はお腹いっぱいなので結局行かなかったけど、
コロンビアのカリブ海沿岸にある、
Santa Marta、Taganga、そしてTayronaという場所が
とてもよいらしいです。

ボゴタ以降、コロンビアで会った旅人は皆
よかったと言っていました。(特にTayrona)
コロンビアへ来た際は行ってみてください。
ちなみに、これら3つの場所はお互いに近いです。
カルタヘナからも近いです。

そして、コロンビアは噂通り、
美人が多かったです。特にボゴタ。


[photo]
Ipiales, COLOMBIA

スポンサーサイト

Cali, COLOMBIA

[time differences]
GMT -0500


[date]
03.27.2009-03.29
weather


[accommodation]
Iguana Guesthouse
17000COP/day


[how to come from Villa de Leyva]
Villa de Leyva->Tunja
mini bus
5500COP

Tunja->Bucaramanga
Bus
50000COP

Bucaramanga->Cali
Bus
110000COP


[about accommodation]
カリの新市街にある。
スーパーまで10分弱。
キッチン広い。
WiFi使用可。
公共スペースも広い。
テラスにいるとハチドリが見られるかも。
コーヒーがフリー。
電気シャワー。


[about location]
コロンビア第3の都市。(1はボゴタ、2はメデジン)
標高が下がったのか昼は暑く、
夜は涼しくなるがトランクスで寝られる。
CentroはRio Caliという川を挟んで北が新市街、南が旧市街。
コロンビア一の動物園があるらしい。
観光するなら旧市街へ。


[misc]
Villa de Leyvaを出た時点で想定していたルートの通り進めば、
今頃はベネズエラのはずだった。

しかし、なぜかまだコロンビア。

コロンビアベネズエラ国境へ向かう途中の街まで行くバスに乗っていたとき、
「これだっ!」というルートが、ふと閃いたからだ。


「南米を反時計周りに渦巻き状で1.5(1.75)周」


いくつかの項目についてはペース調整が必要なものの
色々とメリットがある。

・ウユニの雨季と乾季両方行ける
・パタゴニアの冬(秋?)と夏両方行ける
・個人的に南米最凶と思っているベネズエラの滞在期間を最小限にできる
・情報が少ないベネズエラブラジル国境のブラジルビザ情報を取得できる
・雨季のレンソイスへ行ける(難易度若干高し)
・南米の後の移動がしやすいブエノスアイレスかリオデジャネイロで終われる
・サンチャゴで海鮮類が沢山、しかも2回食える
・南米内の移動に飛行機を使わずに済むから財布に優しい
あと気が向いて安ければ、
・チリかアルゼンチンでスキーができる


南米を回った人は、
反時計周りの人が多いので、
同じルートで旅するのはなんだか燃えないけど、
メリットが沢山あるからいいことにした。

ということで、東へ向かっていた進路を、
急遽変更して南へ。

結局、この移動でも必要以上に金使ったな。
コロンビアは移動に金がかかるなあ。
まあ、全部自分のせいなんだけど。


そもそも、Tunjaでコロンビア・ベネズエラ国境の街(Cúcuta)へ行くバスが、
あったにも関わらず捕まえられなかったということは、
今はベネズエラじゃないってことだったんだろう。

ひらめいたルートで旅ができることをバスの中で確認できたのは、
ボゴタで買ったロンプラのおかげ。
高かったけど買ってよかった。
読んでて意外と面白いから時間つぶしになるし。

ちなみに、通過しただけのTunja。
住むのによさそうなところだった。
ほどよく街、ほどよく田舎で雰囲気がよい。
ボゴタへのダイレクトバスもある。


コロンビアはとても人がよく、
旅のしやすい国だと思う。
けど、そろそろ次へ行きたい。

俺にはダラダラするだけ沈没は
できないのかもしれない。

例えば、ボラバイトやったりとか
スペイン語の勉強したりとか、
かわいい女の子にはまるとか。
何か目的がないと。


それとも、
心に響く場所に、
まだ出会っていないだけなんだろうか。


ちなみに、Caliでは2時間くらいしか街歩きしていません。
コロニアル調に飽きて歩き回る気がしなかった。


ていうか、モンゴメリーのキャベツラーメンか、
目黒にある蒼龍なんとかって店のラーメンが食いたい。


[photo]
Cali, COLOMBIA


Villa de Leyva, COLOMBIA

[time differences]
GMT -0500


[date]
03.23.2009-03.26


[accommodation]
Colombian Highlands Guesthouse
14000COP/day


[how to come from Bogotá]
Bogotá->Chiquiquirá
Bus
14000COP

Chiquiquirá->Villa de Leyva
mini bus
6500COP


[about accommodation]
村の中心から少し遠い。
公共スペースは広い。ハンモックあり。
紅茶とコーヒーはフリー。
WiFiあり。
キャンピングスペースあり。
洗濯機使用5000COP。
お湯シャワーあり。
レンタサイクルあり。
朝食有料。


[about location]
道がデコボコなので、歩くのは靴のほうがよい。
基本的にツーリスト向けな感じなので物価が若干高め。
はがきは文房具屋(Calle13沿いのCarrera7と8の間にある)から送るらしい。本当に届くのか?
土曜はメルカドがあるらしい。
ボゴタからバスで3時間くらいのわりには、結構田舎。
この村にいると、コロンビアって本当に危険な国なの?と
思ってしまうくらいのんびりしている。


[misc]
コロンビアは人はいいけど、
バスやタクシーの客引きは適当なことを言って
乗せようとするので、
キチンと行き先を確認しましょう。
あと、値段交渉もしましょう。
特に行き先確認は重要!!

窓口でチケットを買う場合は、
行き先確認はしなくても大丈夫だけど、
値段交渉はできるのでやってみましょう。
少し安くなるかも。

カルタヘナからボゴタへ来るとき、
散々な目にあったのもかかわらず、
またもや、同じことを、
行き先確認を怠ってしまいました。

今回は聞いたこともない、
ロンプラの地図にも載っていない
辺鄙なところ(Chiquiquirá)で降ろされて、
こちらに質問をする時間を与えず、
バスは逃げるように去っていった。

近くの店に入って、
「俺、どこにいるの?」って聞いちゃったよ。

この時乗っていたバスのスタッフ達は
絶対、確信犯だ。
この旅で一番腹が立った。

そんなことがあっても、
店の人が地元の人が乗る、
乗り合いタクシー捕まえてくれたり、
タクシー乗ってから地元の人と話せたから、
それはそれでよかったんだけど。

乗り合いタクシーの青年と話をしたんだけど、
コロンビアは南米なだけあって
サッカーが人気スポーツみたい。
中米もだったけど、
子供はその辺でボール蹴って遊んでいるからなあ。

で、その話をした青年は、
2002年のW杯が日韓共催だったもんだから、
日本と韓国が一緒の国だと思っていたようだ。
しかも、香港は日本だと思っていたっぽい。
多分、日本、中国、韓国は地域の名前だと思っていたんだろうな。

2カ国共催なんてやるから、
そんな勘違いをさせるんだよ。
1カ国でやればいいのに。

中米もそうだったけど、
アジア系の顔をしている人は基本的に全員、
"Chino!"(中国人)と呼びかけられます。


そういえば、ここで会ったアメリカ人3人は
いい感じだったなあ。

作った飯くれたり、
スペイン語で話してくれたり。
アメリカ人が集まると必ず英語になるからさ。


そのうちの一人は多分50歳くらいだと思うんだけど、
バイクで旅をしていて、
いつか分からんけど、
南米の旅が終わったら
南アフリカへ行くようだ。

日本の旅人は圧倒的に20代が多いけど、
欧米人は若い人のほうが多いとはいえ、
年を取った旅人も結構います。

日本もこのくらいの年齢の旅人が増えないかなあ。
学べるものもあるだろうし、
窮屈すぎる日本社会も少しはユルくなるかもしれないし。
滅私奉公が根本にあるから無理かな?


南米をどう回ろうか、
グアテマラを離れた時くらいから、
頭にある3つの案のうちどれにしようか
ずっと考えていた。

でも、これだっ!って案は結局ないので、
仕方なく選んだ案でまわることにした。



[photos]
You can see photos if you click this picture.
Villa de Leyva, COLOMBIA

Bogotá, COLOMBIA

[time differences]
GMT -0500


[date]
03.18.2009-03.23
weather


[accommodation]
Alegria Hostel B&B
15000COP/day


[how to come from Cartagena]
Cartagena->Caucasia
Taxi & Bus
55000COP

Caucasia->Medellín
Bus
35000COP

Medellín->Bogotá
Bus
40000COP


[about accommodation]
朝食つき。
とてもきれいで広い。
公共スペースにソファあり。
DVDなどもある。
猫が5匹いる。
La Cantelariaという旧市街にあるが、
場所が少し分かりにくい。


[about location](Japanese only)
標高2500m超なので、
日本と同じ感覚で急坂を登ったりすると息が切れる。
祝日はほとんどの店が閉まり、どこも閑散としている。
日曜は大通り(Carrera 7)が昼過ぎまで歩行者天国になる。
TransMilenioは曜日によって、
運行されるルートが変わるので注意が必要。
日曜は美術館やその他観光施設が、
無料、もしくは割引金額になる。


[misc]
ボゴタの第一印象。

「東京みたい。」

普通に都会なんだな。ボゴタは。

でも、東京よりもずっと余裕がある感じ。
そして、人々は今までのコロンビアと同じくとても感じがいい。
というか、今まで以上。

物価が少々高く感じるものの、
とてもすごしやすい街かも。
でも、面白いと感じるものもなかった。
歩行者天国が一番面白かったかなあ。
あと、黄金美術館もすごかったな。

ここまでコロンビア内を移動してきて分かりましたが、
コロンビア国内の移動は、
短距離でなおかつ移動時間を節約したい場合以外は、
バスをオススメします。
バスのほうが快適です。

そして、下手にタクシー使うとバスより時間がかかります。
タクシーを使う場合は必ず行き先まで直行するか聞きましょう。
長距離でタクシー使うと、
途中でバスに乗り換えなければならなくなる時があります。

あと、カルタヘナからメデジンは、
直行のバスがあります。
カルタヘナのバスターミナルで
直行は無い!といわれたけど、絶対あります。
会社は分からないけど、多分brasiliaって会社のバス。

お金と時間を無駄に使ってしまいました。

しかも、タクシーに、
80000ペソくらい入っていた財布を
忘れてきたのが痛かった。
タクシー代をまけてもらった意味が皆無だった…

海老で鯛を釣るどころか、
鯛で海老を釣ってしまったなあ。

カードやパスポートではなかったから、
良かったといえばよかったけど。


最後に前号の答え。

A.部屋の時計のコンセントを抜く。

俺はこの答え、思いつきませんでした。
俺ってやっぱり日本人なんだなあって思った。

長期休暇は、時間を気にせずのんびりしましょう!
携帯も家に置いて行ったらいいのでは。

お試しあれ。



[photos]
You can see photos if you click this picture.
Bogotá, COLOMBIA


Cartagena, COLOMBIA

[time differences]
GMT -0500


[date]
03.14.2009-03.17
weather


[accommodation]
Hotel Standard
10000COP/day
1.00USD=2400COP


[how to come from Ciudad de Panama]
Capurganá->Turbo
Boat
24.00USD

Trubo->Montería
Taxi
30000COP

Montería->Cartagena
Taxi
30000COP


[about accommodation](Japanese only)
カルタヘナの宿の相場(20000COP)の半分なので部屋は狭いし、
荷物を置けるスペースもあまりないのでロープがあると便利。
一見、あまりきれいではないが実際はそうでもない。
旅人よりも住み着いている人のほうが多そうで、
バックパッカーの宿とは違う独特な雰囲気。
多分、カルタヘナ最安値。


[about location](Japanese only)
安宿が集まる、Calle Media Luna沿いにある。
カルタヘナの観光スポットであろう、
Castillo San Felipeの近く。
中央広場にも近い。


[misc]
やっとコロンビアに入ったって印象。
この街もやっぱり基本的に人がよい。

旅人の間で悪い噂を聞かないコロンビア。
さすがだ。どの街もこんなに人がいいのか?

ていうか、このカルタヘナ。
観光地として有名で、旧市街や城が目玉だけど、
時間があったし近かったから行ったけど、
結構どうでもよくて、
泥風呂のためにだけ訪れた。

この泥風呂。
期待してた通り、ちょっと変な感覚でした。
浮き輪なしで水(?)に沈まないって、
すごく不思議な感覚。
だから、泳げない人にもオススメです。
全身泥パックしてきてください。

でも、この泥風呂。
一人より、大勢で行ったほうが絶対楽しい。
一人で驚いていて、ちょっとむなしかった。


あと、この街の滞在中に泊まっていたホテル「Hotel Santander」。
このホテルは不思議な感じ、というか、
観光客が泊まる感じではなかった。

何しているのか良く分からない、
コロンビア人が泊まっているよう。

共有スペースにあるテレビで、
みんなでサッカーを黙々とみてたりしてたんだけど、
俺はこの人達普段は何しているんだろうってほうが気になって、
あまりサッカーを集中してみていなかった。

ちなみに、このホテルは相場よりかなり安いです。
ホテルのスタッフもとてもいいです。
だけど、きれいとか広いとかを期待して来るとがっかりします。
人間観察したい人や金をセーブしたい人にオススメです。

なお、このホテルがある道 Calle Media Luna や、
名前忘れたけど、このホテルの近くで交差している道には、
普通のホテルもあります。


そして、パナマシティから
2週間くらい一緒だったゆーじさんと、
Cartagenaへ来る途中のTurboという街でお別れ。
彼はMedellínへ行きました。

このゆーじさんは、
2年オーストラリアで働いて、
その後、アジアを3ヶ月、
そしてロスまで飛んで
そこからパナマまで1ヶ月で来たという、
超高速バックパッカー。

これから南米の北半分を旅した後、
6月にニューヨークへ到着して、
仕事を見つけるのがとりあえずの目標だそう。

旅をしていて感じていることが似ていたり、
俺の知らない旅情報を教えてもらったり、
海外で2年生活した経験の話を聞けたりと、
色々と話をした。

ゆーじさんと会ったことで、
これからの旅を違った視点から眺めることができるようになった。
これがとても大きかった。
特に、海外で働くのは、
思ったよりも難しくなさそうなことが分かったことが。
俺の語学力では仕事は選べないけど。


ということで、
印象に残った話から一つ問い。

Q.オーストラリアのリゾートで、
  休暇で来た人のだいたいが
  部屋に着いたら最初にすることって
  何だと思いますか?

答えは次号。


[photos]
You can see photos if you click this picture.
Cartagena, COLOMBIA

▼... Read more ≫
| HOME | NEXT

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。