スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Purmamarca, ARGENTINA

[time differences]
GMT -0300


[date]
18.MAR.2010-19.MAR
weather


[accommodation]
Camping El Reliquia
15.00ARS/day(dormitorio)


[how to come from Salta]
Salta->San Salvador de Jujuy
28.00ARS/2.5horas

San Salvador de Jujuy->Purmamarca
9.00ARS/2.0hrs


[about accommodation]
キャンピングサイトだがドミトリーもあり。
ドミトリーのベッド数は14。
キッチンはないが食料等を販売。
シャワーはお湯が出る。


[about location]
とてもこじんまりとした観光地。あまり観光地っぽくない。
Plazaでインディヘナのお土産が売っている。


[photo]
Purmamarca, ARGENTINA



[misc]
やっぱりSaltaじゃなくて、
Jujuyに泊まればよかった。

Jujuyのバスターミナルに着いた瞬間、
ボリビアやペルーの、あの懐かしい感じだった。




しかし、Jujuyに着いて驚いたのが、
アルゼンチンなのに全く白人がいないこと。

全員インディヘナ。
もうボリビアに入ってしまったんではないかと錯覚する。

アルゼンチンって元々イタリア系だから、
どこ行っても白人が多いんだけど、ここだけは違った。
Jujuyって、元々はボリビア領だったのかな。

だとしたら、ボリビアは踏んだりけったりだな。
チリにアタカマ以北の海岸線の領土をとられたし、
ブラジルやパラグアイにも領土を取られたみたいだし。



JujuyからPurmamarcaへ向かう途中、
車窓がアンデス山脈に入ったなあって感じの風景にいきなり変わるんだけど、
その風景を見た瞬間、ウキウキしてきた。

この辺りは岩がカラフルで、
標高もそこまで高くないので、
植物がそこそこある。

でも、「無」を所々で感じる。

場所にしっくり馴染んでいく感じがする。
民芸品の色彩にワクワクする。

アンデス山脈へそのまま向かいたい、という思いが強くなった。



ウユニまで行った後、ブエノスに戻って南米を離れるか、
それともペルーまで抜けてリマから南米を離れるか迷っていたけど、
アンデス山脈を横断してリマへ行くことにした。




ていうか、この辺の空、
たまに雨が降りそうな雲が出たりするものの、
基本的に乾季の空なんですけど…


ウユニは雨季であることを祈るしかない。
スポンサーサイト

Salta, ARGENTINA

[time differences]
GMT -0300


[date]
16.MAR.2010-18.MAR
weather


[accommodation]
Hostal El Palo Santo
30.00ARS/day


[how to come from Colonia del Sacramento]
Colonia del Sacramento->Carmelo
Bus
79.00UYU/2.5hrs

Carmelo->Tigre
Boat
429.00UYU/2.5horas

Tigre->Retiro(Buenos Aires)
Train
1.35ARS/50min

Buenos Aires->Salta
Bus
270.00ARS/21.0horas


[about accommodation]
中で迷いそう。
キッチンあり。
朝食つき。
部屋でもWiFiが使える。
バスターミナルからまあまあ近い。


[about location]
Salta州の州都。


[photo]
no photos


[misc]
この街はイメージと違った。

もっと、乾いて色彩の無いところだと思っていたけどまだ緑が濃い。
標高がまだまだ低い。アンデスって感じじゃなかった。

名前が気になって仕方が無かったけど、
ボリビアにより近いということ以外は、
どんなところかは分からないJujuyまで、
一気に行ってしまえばよかった。





この街に来て確信したが、
俺にとってブエノスアイレスはどうやら相性が悪い街だ。

あそこ通過した後ってのは、
気分がトゲトゲしくなるし感覚が鈍る。
脳が固まるっていうのかな。



唯一、印象に残ったのが、
Jujuyへ行くバス会社の窓口の人達がいい人達だったこと。


彼らのおかげで、いい気分で旅ができそうだ。







そういえば、久々に20時間くらいの長距離バス移動をした。

ブラジルはほとんど飛行機移動で、
あまりバスを使わなかったから。

移動手段として、飛行機よりバスの方が好き。
バスだったら、思い立ったらすぐに移動できるし、
移動しているなあっていう感じもあるし。
乗っている人もローカルだし。

飛行機も、たまにならすごくいいけど。

Puerto Iguazú, ARGENTINA

[time differences]
GMT -0300


[date]
18.SEP.2009-21.SEP
weather


[accommodation]
Timbó Hostal Posada
30.00ARS/day


[how to come from Buenos Aires]
Buenos Aires->Puerto Iguazú
Bus
215.00ARS/20.00horas


[about accommodation]
バスターミナルから1ブロック。
ネットあり。
朝食つき。
キッチンあり。


[about location]
イグアスの滝アルゼンチン側の最寄。
バスでイグアスの滝ブラジル側の最寄Foz do Iguaçuや、
パラグアイのCiudad del Esteへ行ける。
Parque Nacional Iguazú(イグアスの滝がある国立公園)の入場料は60.00ARS。


[photo]
Puerto Iguazú, ARGENTINA



[misc]
久しぶりに1日中半そでで過ごせる場所に来た。
久しぶりに南国ののんびりした空気に触れた。

コロンビアのカルタヘナ以来か?

ずっと寒い場所だったので、
暑さに少しテンションがあがった。

俺にとっての
2009年の夏はこれからだ!!



前日、雨が降ったせいか、
イグアスの滝の水量はすごかった。

滝つぼ近くまでいけるボートツアー(75.00ARS)がある。
荷物も完全防水のバッグを貸してくれるから濡れる心配はなし。

是非、滝つぼで水浸しになってきてください。
子供心に戻って、笑えてきます。



イグアスの滝へは水着、もしくは速乾性の服を着ていくといいでしょう。
晴れていれば公園内を歩いているうちに服は乾きます。
歩いていける範囲にも滝つぼの近くへいける場所があるんだけど、
そこへ行くと、ずぶ濡れになります。





公園内最大の見所、
Garganta del diabloって場所があるんだけど、
そこから眺める滝の大きさはすごい。

流れ落ちる水の音はとてもでかい。
だけど、うるさく感じない。


人工的に作られた同じ音量の音だったら、
うるさくて仕方ないと思うんだけど。

都会が視覚的にも聴覚的にもうるさく感じるのは、
あまりに人工物が多いからだろう。

日本の観光地も、
過剰な看板なんかはなくしてしまえばいいのに。



個人的な見所は虹の多さだった。やたら多い。

くっきり見える虹。
2重になっている虹。

あらゆる滝に虹がかかっていたので、
一生分、虹を見たんじゃないだろうか。




うーむ…

あまり書くことないな。

Buenos Aires, ARGENTINA

[time differences]
GMT -0300


[date]
30.AGO.2009-01.SEP
06.SEP.2009-17.SEP
weather


[accommodation]
上野山荘別館
1泊...31.00ARS/day
短期...28.00ARS/day
中期...26.00ARS/day
長期...23.00ARS/day


[how to come from Ushuaia]
Ushuaia->Buenos Aires
Air(LAN)
467.46ARS


[about accommodation]
Retiroの長距離バスターミナル近く。
ウスアイア上野山荘綾子さんの娘さん夫婦がオーナー。
ローカルバスも近くを走っている。
スーパーが隣にある。


[about location]
アルゼンチンの首都。
人口1200万人。
タンゴで有名。
略称BsAs。


[photo]
Buenos Aires, ARGENTINA



[misc]
大都会すぎて「ここは本当に南米か?」って思った。

個人的にはこの大都会に面白みを感じることが全くできず、
何もする気が起きなかった。
散歩もほとんどしていない。

毎晩、ゲームしながら飲んで、
起きるのは昼って生活をしていたからか。

そういえばここで、
よく耳にはしていたけどどんなゲームか知らなかった、
旅人が作ったと言われているダハブゲームを覚えた。

興味ある人はネットで検索してみて。




ここで印象的なことというと、
やっぱり焼肉とチョリパンかなあ。

アルゼンチンは牛肉が安くてうまい。

ハラミ・ロース・タン・カルビ、食いまくりで、
ワインやビールもたくさん飲んで、
みんなで割って一人300か400円。






あ、そうそう。

実はブエノスかチリのサンティアゴでちょっと働きたいと思ってました。

でも、ブエノスの街に愛着が持てず、
サンティアゴへ行くのも気が乗らず、
ということで、やめました。

その代わり、農業ボランティアの情報を聞いたので、
この先、南米にいるうちにどこかの農家へ行こうと思ってます。
南米旅行者には有名な弓場農場とは別に。

観光という視点からは特に行く理由が見当たらなかったウルグアイがいいかな。
これで南米はギニア3国以外は制覇できる。



飛行機代だけど、
LAN航空はBsAs-ushuaiaの
もっと安いチケットあります。
最安で税込み400ARSくらい。





最後に。



メキシコの子の都合がつかなかったようで、
タンゴデートはできませんでした!

残念…

Rosario, ARGENTINA

[time differences]
GMT -0300


[date]
01.SEP.2009-06.SEP
weather


[accommodation]
Lourdes Hostel
40.00ARS/day


[how to come from Buenos Aires]
Buenos Aires<->Rosario
Bus
51.00ARS/4.0horas(one way)


[about accommodation]
ドミトリーは3段ベッド。
キッチン2つ。
スーパー、ローカルバスターミナル至近。


[about location]
Messiの生まれ故郷。
チェ・ゲバラの生まれた家がある。
ブエノスアイレスから北西へ約400km。


[photo]
Rosario, ARGENTINA



[misc]
W杯南米予選の、
アルゼンチン対ブラジル、という、
なかなか見られない好カードを観戦してきた。


が、チケット買うのに22時間並んだ、
というか、並んでみたらそれだけ待たされるはめになり、
その待たされた間に色々疲れることが起こって、
試合観戦の印象よりも、
並んでいた時の状況のひどさのほうが印象に残っている。

どこを見回してもアルゼンチン人ばかりだったので、
アルゼンチン文化のひどい面にどっぷり漬かってきたってことになるのかな。

貴重な経験だったとは思うけど、
アルゼンチンで何かのチケットを買うために並ぶのはもうイヤだ。






普通、チケット売る側と、
警備してチケット売り場へ入る人数を調節する警察は、
あと何枚チケットが残っているとか、
どのくらい売り場へ人を通すかとか、
連携して人の流れをコントロールしそうなもんだけど、
そんなことは全くしていなかった。

すべて成行き。

何も考えていない。






途中で並んでいた列が崩れ、押し合いへし合いになった。

その時、ここぞとばかりに、
後ろの人達は我先にと力ずくで割り込んできたり、
「前に友達がいる」とかいって嘘ついて割り込んできたり、
あらゆる手段を使って前へ行こうとしてきた。

なんともずうずうしい。

狡さに本当にイライラしたけど、
自殺まで追い詰められてしまうくらいの、
ある意味真面目すぎる一部の日本人には、
あのずうずうしさというか、あつかましさというか、を、
見習うといいんじゃないだろうか、と思ったりもした。






また、チケット買うための人の列は1kmは超えていたと思うんだけど、
チケットの窓口は半分くらいしか開いていなかったし。


窓口に近づいて、その状態を認識した時、
「なぜ、遊んでいる窓口がそんなにあるの?」と思ったけど、
まあ、仕事は決められたとおりにしかしない、という、
ラテン文化の象徴を見ることができたと思って、仕方ないと思うことにした。

正確に言うと、疲れてどうでもよくなっていた。





ここまで思い出したら、また疲れてきた。

アルゼンチン応援のためにあらかじめユニフォーム買っておいたんだけど、
チケットを買えた時点では、
そんなことはすっかり忘れて、応援する気が全くなくなっていた。

やっと買えたーー!!と喜ぶところだよな。普通なら。






ちなみに試合は、
1-3でアルゼンチンの負け。

チームの完成度は、ブラジルのほうがずっと上という印象の試合でした。



ブラジルは特に目立った選手はいなかったけど、
チームがアルゼンチンより組織的に動いていたし、
チャンスは確実にモノにしていた。

ボール持っている時間は、
アルゼンチンより少なかったと思う。


一方アルゼンチンは、
メッシ、テベス、ベロンなんかは目立っていたけど、
なんというか、チームとしてチグハグで、
ボールがブラジルのゴールへ向かっていかない感じ。




帰り、スタジアムの近所のレストランやバーは、
人で満員になっているとは思えないほど静かだった。

負けたストレスを発散する気も起きないほどのやられっぷりだったんだろう。






今日の夜、南米予選は最終日なので、
どの国がW杯出場するのか、
どの国がプレイオフにまわるのか、
全て決まります。


現在、ブラジル(1位)、パラグアイ(2位)、チリ(3位)は出場権を既に持っています。
今日、残りひとつの出場権(4位)とプレイオフ出場権(5位)を、
アルゼンチン(現在4位)、ウルグアイ(現在5位)、エクアドル(現在6位)3カ国(ベネズエラ(現在7位)も入るか?)で争います。





ていうか、アルゼンチンがW杯に出られたとしても、
決勝トーナメントまでは行けないんじゃないだろうか。

| HOME | NEXT

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。