スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Barcelona, SPAIN

[time differences]
GMT +0200(DST)


[date]
21.ABR.2010-23.ABR
weather


[accommodation]
The Gerden House
15.00EUR/day


[how to come from Lisbon]
Lisbon->Madrid->Barcelona(Sants)
Bus
69.00EUR/19.5hrs


[about accommodation]
朝食有料(2.50EUR)。
メトロValldauraかHortaが最寄。
セントロから少し離れている。
スタッフいい感じ。
チェックアウト1200。
hostelworld、もしくはhostelbookersで予約したら安くなる?(Links参照のこと)
(↑西欧全般的かも。リスボンの宿も安くなった。)


[about location]
近距離移動の手段沢山。
長距離バスターミナル2つ。
(Sants Estacio駅はBarcdelona Sants。Arc de Triomf駅はBarcelona NORD)
街中はカタルーニャ語が多い。
セントロではスリに注意。とても多い。日本語の放送も流れている。
有名なSagurada Familiaはメトロの駅があるので、すぐ行ける。
各交通手段は1回1.40EURなので、たくさん乗るなら1日券等を買ったほうがお得。
各施設で割引を受けられるバルセロナカードというものもある。俺は買わなかったので詳細不明。


[photo]
Barcelona, SPAIN



[misc]
この旅初のスリに遭遇して、
60ユーロ持っていかれた。

完全に気を抜いていた。



バルセロナへ来るバスの中で、
そういえばバルセロナにはスリが多いんだったよな、と思い出し、
腹巻に貴重品全部しまいこんだのが幸いして、
カードやパスポートは無事だったけど。

しかしなぜ、財布に60ユーロも入れていたのか、
自分でも理解できん…



メトロの乗り換えで、ホームを移った瞬間、
すごく嫌なオーラを感じたんだよなあ@Diagonal駅。

やっぱり、自分の動物的勘って信じるべきだな。





手口はこんな感じでした。

ホームを歩いている時、
やたら電車と俺の間に入り込もうとする、
うっとうしい若い男2人組がいて、
ドアが開いて乗り込んだ瞬間、
財布の入っていた左側に巨漢の男1人、小柄の女1人、
そして右側にうっとうしい男2人が、
奥に行けない様にブロックするわけ。

最初、なんでこの巨漢、
こんな真ん中にいるんだ?とイライラしつつ、
直進しようと思ったけど進めない。

しばらくして、道が開き奥に進めたんだけど、
とても嫌な感じが残っていた。

この嫌な感じはなんだろう?と思っていたら、
財布が入っていた左ポケットの感触が違う。
ご丁寧にチェーン切って財布をスリやがった。

スリだ!と気づいて、
追っかけようと思い、
電車を降りた。

向こうのシナリオとしては、
俺が気づかずにそのまま電車に乗って行ってしまうはずで、
巨漢はそのまま電車に乗っていたから、
こいつは違うと思いマークから外した。

スリ役と思われる小柄の女が見当たらなかったので、
ひとまず、電車を降りていた男2人を追っかけようと思ったけど、
こっち見てやけに落ち着いているから、多分、違う。

男2人のどちらかにパスしたとも思ったけど、
位置的に、雰囲気的に違う気がした。

気を取り直して女を探したけど、
やっぱり見つけられなかった。

この間、2,30秒。




見事にやられた、というか、
自らスリに突っ込んで行ってマヌケさを披露したというか。

しかし、巨漢と女はどこから現れたんだ?
全く気づかなかったし、
すられたことに気づくまで4人組ってことにも気づかなかった。

すられるって悔しいものなんだな。

すられた瞬間って分からないものなんだな。






宿に着いた時、
PickPocketに注意しろって
すごく気のよさそうなスタッフに言われ、
もう、やられたと言ったら、
2人の間に沈黙が流れた。

かける言葉が見つからなかったんだろう。





以上、バルセロナでの思い出。
スポンサーサイト

Madrid, SPAIN

[time differences]
GMT +0200(DST)


[date]
15.ABR.2010-16.ABR
weather


[accommodation]
One Hostel Centro
17.00EUR/day


[how to come from Lima]
Lima->Mexico City->Madrid
Air(AeroMexico)
939.90USD


[about accommodation]
かなりきれい。
チェックアウトの日に荷物を預かってくれるが、2.00EUR。
でも、シャワーやキッチンの施設も使える。
メトロSol駅の近く。
近くにスーパーあり。


[about location]
スペインの首都。
この時期、夏時間適用で、
夜9時でも明るいため時間の感覚が狂いやすい。
スペインの真ん中に位置する。
空港(Aeropuerto駅)もバスターミナル(Av. de America駅)もメトロで行ける。


[photo]
Madrid, SPAIN



[misc]
あれだけアジアを強く推していながら、
ヨーロッパへ来ました。

1週間くらい前まではアジアのつもりでいたのに。



なぜ、ヨーロッパか。

なんとなく、アジアへ行くのは今じゃないと思ったのと、
今、ヨーロッパに行かないと、
ヨーロッパに住んでいる人達がヨーロッパに住んでいる間に、
ヨーロッパへ行くことはない、と思ったから。






しっかし、スペイン美女多すぎ。


旅行者も多いから、
全員スペイン人じゃないけど、
ほとんどヨーロッパ人だろう。

ついつい目で追ってしまうような人が1日に何人もいた。

ブラジルを越えたかな?





で、日常生活で驚いたこと。

トイレに紙を流せる!
ヨーロッパだと流せて当たり前なんだな。

ラテンアメリカでは大のほうのトイレにはゴミ箱があって当たり前で、
その当たり前のようにあったゴミ箱が見当たらなかったから、
ケツ拭いた紙どうするんだ?って焦ったし。

流したときも、詰まりませんように!って思いながら流したし。

これ、ラテンアメリカにある程度長い時間滞在した人なら分かってくれるかなあ。





道が全部舗装されてるのもすごいな。

バスがすごく快適だ。全くゆれない。




自販機を毎日見かけるのもすごい。



シャワーのお湯も適温のお湯が簡単に出てくるし。








すっげー。


すっげー。





ヨーロッパは細かいところが便利で、
それを実感するのが、結構面白い。

まあ、その分、色々なものが高い。


俺が行った南米は、
元スペイン領と元ポルトガル領だけだから、
街並みや人の気質に関しては、
そこまで大きな違いは感じないけど。

違いを挙げるならば、
南米より落ち着いているかな。













ちなみに、Madridの観光は全くせず、
新幹線みたいな特急電車(メトロAtocha Renfeで乗り換え)で南へ30分くらいの、
Toledoって街に日帰りで行ってきました。

本当はSegoviaって街に行きたかったんだけど、
Segovia行き2時間待ち。Toledo行き20分待ち。
待ち時間に負けました。



そういえば、ラテンアメリカには特急列車はなかったな。

知らないだけで、あるのかな。




そういえば、野良犬が全くいない。









ということで、
これから1つか2つの目的/国って感じで、
ヨーロッパ駆け足旅行の始まり始まり。
| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。