スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kuala Lumpur, MALAYSIA

[time differences & weather]
GMT +0800
weather


[date & accommodation]
17.JUN.2010-19.JUN
Monkee's Inn
25.00MYR/day


[how to come from Malacca]
Malacca->Kuala Lumpur
Bus
12.50MYR/2.0hrs


[about accommodation]
大型ホステル。
朝食付き。


[about location]
チャイナタウンの近く。


[photo]
Kuala Lumpur, MALAYSIA



[misc]
シンガポールの友達が、
シンガポールからよりも、
KLからの方が飛行機が安いんじゃないか、ということで、
とりあえず、ここまで来た。

シンガポールから台湾へ直行しようと思っていたが、
中国語学校の空きを待たなければならず、
空くのを待つ間、東南アジア食い倒れツアーをしてもいいかな、とも思い、
どちらにしろ北へ進むことは必要だった。

ということで、ここKLに来て、
とりあえずタイ行きの電車の空き状況を調べたら…





3日先まで席がいっぱい。






「それならバスで行く!」という気も起きず、
今なら日本へ行ってもいいかなあ、となんとなく思ったので、
結局、日本行きの飛行機のチケットを買ってしまった。








せっかく近くまで来たんだから、
他の東南アジア諸国を回らないともったいないとか、
色々な国の入出国スタンプが欲しいとか、
そういう損得勘定もあったけど、
それらの国に行くこと自体にそこまで魅かれなかったから、
行ってもあまり感動することなく通り過ぎてしまうんだろうと、
今までの経験からして想像できてしまった。







しかし、ネットってすごいな。
チケット買った次の日には、関空にいるんだから。




ネットは確実に、
世界の旅を簡単にしている。

何でも買えるし、情報も簡単に手に入る。



最近、海外離れ、とずいぶん言われているけど、
なんで、海外へ行くことが簡単になっているのに、
海外離れが進んでいるのかな。

日本にいても情報が簡単に手に入るし、
写真もネットで沢山見られるから、
行ったつもりになりやすいってのはあるだろうなあ。

現地を五感を使って体験することには、
到底及ばないと思うんだけど。




あと、やっぱり、日本の短い休暇では、
あまり行く気が起きないんだろう。

これは仕方のないことかな。現状では。







クアラルンプールがとっても都会なので、
実はとても驚いた。


東南アジアの国々は、首都レベルの大きな街でも、
そんなに発展していないだろうと、俺は思っていた。





だけど、そんなことはなく、
バスも電車も普通に走っているし、
コンビニもある。

こんなことも、行くまで知らなかった。


東欧や南米の都市よりも、
便利さは上なんじゃないかと思う。



東南アジアに対しての印象がひっくり返った、
一時帰国前の、最後の街でした。
スポンサーサイト

Malacca, MALAYSIA

[time differences & weather]
GMT +0800
weather


[date & accommodation]
13.JUN.2010-17.JUN
Shirah's Guest House
15.00MYR/day
1.00SGD=2.31MYR≒0.70USD


[how to come from Singapore]
Singapore->Johor Bahru
Bus
2.40SGD/1.0hr

Johor Bahru->Malacca
Bus
20.00MYR/3.5hrs


[about accommodation]
バスターミナル(Melaka Sentral)から17番のバスに乗り、
Taman Melaka Rayaで降りる。
紅茶、コーヒー飲み放題。
TVルームあり。
テラスもあり。


[about location]
マレー語?では"MELAKA"
世界遺産。


[photo]
Malacca, MALAYSIA



[misc]
マレーシアはマレー語なのかなと思っていたけど、
そんなことはなく、こちらでも中国語が多いのには驚いた。

田舎まで行けば、
そこまで中国語は浸透していない気もするけど、
実際はどうなのかな。

東南アジアでの中国、というか華僑の勢力は予想以上だ。
他の東南アジアの国はどうなっているんだろうか。




マレーシアに来たからには、
マレー料理を食べたかったけど、
あまりない。

中華料理の方が多い。

歩いた場所が悪かったのかな?





中国人も日本人も世界中にいると思われるんだけど、
俺が通過してきた国に限って言えば、
両者には決定的な違いがある。

中国人は旅行者もよく見かけるけど、
その国で生活している人も結構多い。

日本人はほとんど旅行者で、
その国で生活している人はあまり見かけない。

日本人の性質として、
あまり外には出て行かないというのはあるだろうけど、
やっぱり、日本は居心地がいいんだろうな。

色々問題はあるものの、
出て行く必要を感じることがないんだろう。







宿のTVでW杯が観れたので、
宿にいたインドネシア人、マレーシア人、たまにイエメン人、と
みていた。

皆、英語が苦手なので、
試合の最中、各自感想を単語で言いながら。



彼らにとって、どのチームが勝つか、は
どうでもいいらしく、
ゴールシーンで盛り上がっていた。
入っても、外しても。

だから、シュートが少ない試合は退屈そうだったし、
実際、退屈だと言っていた。

俺もサッカー素人なので、
感想は同じようなもんだった。



でも、日本vsカメルーンの試合では、
日本が勝った時、一緒に見ていた人は
「じゃぱーん、じゃぱーん」と言って祝福してくれた。

ありがとう。


多分、彼らの国が出場していたら、
街中大騒ぎだっただろうなあ。

その風景を観てみたかったな。






日本人の「英語が話せる」というのは、
ネイティブ並みに話せるレベルな感じがする。

しかし、英語が母国語ではない国の人たちにとって、
英語が話せるというのは、
ある程度の意思疎通ができるレベル、という印象。

まあ、旅をしているような欧州の人や
イスラエル人は英語が上手な人多いし、
何カ国語も話すけど。

誰も完璧は求めてないし、
発音もネイティブの人とは違う。
そもそも、英語が母国語の国は少ない。




あと、彼らは間違っているかどうかはあまり気にせず、
とりあえず言い切る。そして、はっきり話す。
間違っていれば、その場その場で確認しながら話す。


でも、日本人の場合、間違っているかどうかを気にして、
自信がなさげにモゴモゴ話してしまう。

旅先で自分の英語が通じないなあ、と思ったら、
とりあえず、はっきり話してはいかがでしょう。

英語に限らず、他の言語もだけど、
これで通じる率が少し上がると思います。



日本人は一般的に、世界的に見て、
英語の語彙は少なくないと思う。

ただ、話す練習・機会が圧倒的に少ないだけの話。

| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。