スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Salvador, BRAZIL vol.2

[time differences]
GMT -0300


[date]
19.ENE.2010-24.FEB
weather


[accommodation]
なお宿
20.00BRL/day


[how to come from Comunidade Yuba]
N/A


[about accommodation]
詳しくはなお宿ホームページで。
太鼓の練習は別館で行う。
打楽器メインで楽器が色々ある。
オーナーのなおやさんがナタカトシア主宰。


[about location]
N/A


[photo]
Salvador, BRAZIL vol.2



[misc]
NATAKATOSHIA 2010 (use an ear phone!!)




3ヶ月ぶりにサルバドールを再度訪れたのは、
2010年のナタカトシアに参加して太鼓を叩くため。

3ヶ月前の自分の直感を最後まで信じて再訪してよかった。

本当によかった。




とても楽しかった、というか、
とても良い1ヶ月だった。


ナタカトシアが終わった瞬間、気分がとてもすっきりしていた。
自分の中が完全に空になった感じがして、頭の芯が凪いでいた。

あんな感じを「完全燃焼した」というんだろうか。
あんな気分を「清清しい」というんだろうか。

初めて体験する感覚だった。



ひたすら叩いていた太鼓がなくなったナタカトシア最終日の次の日からは、
サルバドールを出る日までずっと何をしていいか分からない、という状態で、
ボーっとしている日ばかりだった。

最後の夏が終わった高校球児ってこんな状態なんだろうか、と思ったりもした。



日本に帰っても太鼓を叩きたいと思わせてくれた、
いい1ヶ月を過ごさせてくれたナタカトシアのみなさん、
ありがとうございました。










ナタカトシアとは。

なお宿のオーナーなおやさんをリーダーとして、
なお宿に宿泊している太鼓を叩きたい旅行者で構成される、
サルバドールのカルナバルに参加する太鼓バンドのこと。

2002年から(って言ってた気がする…)やっているそうです。


サルバドールのセントロでは日本人と思われると、
「ナタカトシーア!」と現地人に呼びかけられるくらい有名です。


今年は人数少なめだったらしいけど、
40人くらいいたのかな?

写真や動画を撮影してくれた人、
メトロノームをやってくれた人
踊りまくってくれた人、
照明をやってくれた人も含めて。



カルナバルを観るだけではなく参加もしたい!と言う人は、
サルバドールへ来てナタカトシアに参加してみましょう。
ある程度の時間が必要ですが、熱い日々が待っていることでしょう。






年によってカルナバルの時期や人の集まり方がずいぶん違うらしいのですが、
ナタカトシアに参加するにはいつ頃サルバドールに着けばいいのか?ということについて、
今年の例をふまえて以下のように考えます。
(今年、カルナバルは2/11-16で、練習開始は年明けからだったようです。)


太鼓を叩きたくて、太鼓の種類も選びたかったら、
カルナバル初日の1~2ヶ月前に来ておくといいでしょう。
太鼓の種類は以下4種類。個人的な印象を含めて簡単に紹介。
・ヘピ
 耳を劈く高音。細かくリズムを刻み続ける。メトロノーム的要素あり。
・チンバウ
 高音&中低音。超メロディアス。ひたすら叩き続ける。手で叩く。
・メイオ
 低音。自由度高い。部分的に即興演奏可。パフォーマンス可。
・フンド
 腹に響く低音。リズムは単調だが音はとても目立つ。派手なパフォーマンス可。
*メイオとフンドを合わせてスルドと呼ぶ。いわゆるベース。

打楽器未経験、もしくは経験の浅い人でヘピやチンバウをやりたい人は、
この時期に来ることが望ましいでしょう。
スルドよりも「叩いて音を出す」ということ自体が難しい分、練習が必要です。



太鼓の種類は問わず、とにかく叩きたいのであれば、
太鼓を叩く人の募集を締め切るまでに着けばいいでしょう。
今年はたしか、カルナバル前の最後の土曜に締め切りました。

とにかく叩ければいいと言う人でも、
10日~2週間前には到着しているといいと個人的には思います。
覚えるフレーズが結構あるし、みんなで叩くという事に慣れるから。



それ以降の到着だと、
満足な練習時間が取れないので、
太鼓を叩ける可能性は低いと思いますが、
滑り込めたケースもあったので、
可能性がないとは言いません。

その時のメンバーの集まり具合に左右されるのでしょう。

ちなみに、打楽器経験のない俺は
3週間前の到着で、メイオを叩きました。
結構いっぱいいっぱいだったな。




練習期間の生活パターンを簡単に。

一言で言うなら「大人の太鼓合宿」。


毎日、朝とシエスタ後に全体練習。それぞれ2時間くらい。

それに加えてパート別練習。
どのくらい行うかは基本的にパートリーダーの判断。

それ以外の時間は自由時間。
個人練習をする人、
街に遊びに出かける人、
のんびりする人、
用事を済ませる人。

サルバドールに来てからナタカトシア最終日まで、
ばちを手にしなかった日はなかったと思う。




学生時代の合宿には付き物の上下関係がなく、
個人個人の目的や力の入れようのバラつきも大きくなかったから、
楽しい合宿生活でした。

スポンサーサイト
Porto Alegre, BRAZIL | HOME | 弓場農場, BRAZIL

COMMENT

No title
力也くん

旅の空はいかがですか?
こちらは太陽の下、まったりビーチと改修工事の日々です。
またどこかの空の下で叩きましょう。
2010/03/12(金) 11:36:23 | URL | naoya #BB04oJj6 [Edit]
今はWWOOFで見つけたボランティア先で、
農作業と思いきや、
ペンキ塗りがメイン作業になっている日々を送っています。
ていうか、俺も改修工事してますね。

でも、外人に囲まれて働いてみたかったのと、
スペイン語練習したいというのがあったので、
もうちょっと続けようと思っています。
たしか明日、フランスの子が来るみたいだし!

また、どこかで叩けるといいですねー
それまで、たまにばちで遊んどきます!

2010/03/13(土) 07:38:57 | URL | rikiya #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。