スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

notes of BOLIVIA

Tupiza以降、
ボリビアで寄った街は全て2回目なので
まとめて一つにした。



[Potosí]
23.MAR.2010-26.MAR
Residencial Felicar
30.00BOB/day

Tupiza->Potosí
Bus
??.00BOB/7.5horas

去年、来たときよりも活気がある気がする。
人の表情も明るい。

新しいバスターミナルができていたし、
携帯をいじっている人をよく見かけるようになったし、
デジカメやノートパソコンなどの高いものが
結構店頭に並んでいるし。

ボリビア北部は分からないけど、
ボリビア南部は金回りが、
去年より良くなったのかもしれない。



[Sucre]
26.MAR.2010-28.MAR
Casa de Huéspedes San Marcos
40.00BOB/day

Potosí->Sucre
Bus
15.00BOB/4.0horas

街の雰囲気が、
去年とあまり変わっていない。
その点、ポトシとは違った。

tarabucoのインディヘナのマーケットへ行こうかどうしようかと、考えていたら、
薬も利かないくらい強烈な下痢に襲われ、それどころではなくなった。

ブラジルの時よりも強烈だった。

最初の1日は下痢、嘔吐、頭痛、寒気を抱え、
ほとんど寝られない一晩過ごした。

夜が明けてから、
少し熱があったみたいで足はふらつき、
少し歩くと息苦しくなったけど、
全体的に多少良くなった。

しかし、何にあたったんだ?
思い当たるものが無い。



[Uyuni]
28.MAR.2010-01.ABR
Hotel Avenida
30.00BOB/day

Sucre->Uyuni
Bus
50.00BOB/10.0horas

ウルグアイを出てから、ウユニを一直線に目指していれば、
鏡張りの塩湖にギリギリで間に合ったのに、
天気予報に雨マークはあったがしばらく晴れだったので、
俺は雨待ちを兼ねルートを変更し、それらの街の居心地のよさにつかまり、
のんびり北上してきた結果見たものは、
乾季の塩湖と雨季の残骸みたいな塩湖だった。

トゥピサからポトシへ向かうバスで隣の席のおねーちゃんが言ってた、
「水はまだあるけど、ウユニはもう雨季じゃない」という言葉を
悠長に受け止めている場合ではなかった。

今思えば、
ブエノスでは珍しく落ち着ける場所の上野山荘別館が、
ベッドがいっぱいで泊まれなかったということが、
ウユニへ急げというメッセージだったんだろう。

1番最初にひらめいた予定では、
Tupiza以外でのんびりするつもりはなかった。
potosiもsucreも寄りたいと思っていたものの
寄るつもりは無かった。
まあ、Tupizaもちょっと長かったけど。

考えて思いついたものと、
閃きで思いついたものってのは
こうまでも結果が違うものなのか。

目指すところが決まっているのなら、
目的を見失うことなく、
ひたすらそこへ向かうべしということをガツンと言われた気がした。
これからこのことを忘れないようにしよう。

勝利の女神じゃないけど、
ラテンアメリカの女神は、もうじき南米を離れる俺に、
鏡張りのウユニ塩湖という最高のプレゼントを用意して微笑んでくれていたのに、
俺は自らそっぽを向いてしまったわけだ。



今まで、ラテンアメリカの女神には、
ずっと見守られてきたと思う。

この1年半、強盗・盗難に遭遇しなかった。
1回マスタードかけられたくらいで。

悪天候も、パナマ/コロンビア間をヨットで移動した時くらいで、
あとは記憶に無い。
色々な場所において、天候に恵まれていた。

ぼったくられたとか、
土砂崩れで道がふさがっていたり、
タイヤがパンクしたりで、
バスが途中で長時間停まったとか、
わけがわからない所でバスから途中下車させられたとか、
些細なトラブルは色々あったけど、
スムーズに旅ができたこの1年半。

それを思えば、
今回、鏡張りのウユニを見られなかったことはとても残念で、
自分の感覚の鈍さにがっかりしたことは隠し切れないけど、
ラテンアメリカの女神という名を借りた巡り合わせには感謝しないといけないな。

いずれ近いうちに、
鏡張りのウユニ塩湖のためだけにボリビアに来よう。



ここで会った、UNESCOに勤めているフランス人47歳男性は、
1年の休暇を取っているらしい。1年勤めて、1年休み。

今度は1年勤めたあと、
半年の休暇でアジアへ行きたいと言っていた。

そういえば、欧米の旅行者にはたいてい、
「日本人は何故、そんなに働くんだ?」と聞かれる。
俺はいつも「それは習慣だから」と答えているけど、
ホントに馬鹿げた習慣だ。


日本人は「仕事からある程度の時間離れる」ということの重要性を知るべきだと思う。
ある程度というのは短くて半月~1ヶ月。
日本の長時間労働は本当に異常だと思うから、
個人的には3ヶ月くらい休んでも全然問題ないと思うけど。


仕事から長時間、完全に離れた時に受ける、
違う方向からの刺激というのは、
新しい発見を沢山もたらしてくれるのだから。

日本には本当の意味でON/OFFが必要だ。
OFFに見せかけたONではなく本当のOFFが必要だろう。。



[La Paz]
02.ABR.2010-07.ABR
Hospedaje Jiménez
30.00BOB/day

Uyuni->La Paz
Bus
80.00BOB/12.0horas

本当はウユニからオルロへ電車で行き、
オルロに少し滞在した後、ラパスへ来ようと思っていたが、
夕方6時から夜中1時まで電車を待つテンションではなかったので、
夜8時まで夜行バスを待って、直接ラパスまで来た。

着いた日がセマナサンタ週末の初日、祝日だったせいか、
人も車も少なくて、「ラパスにもこんな静かな日があるのか」と驚いた。

開いている店はあまりなかったけど、
屋台にはそれが当てはまらないらしく、
ほとんどの屋台がやっていたので、
ギュウギュウ詰めじゃないお祭りのような雰囲気で、
のんびりしていてよかった。

セマナサンタの日曜なんか、
さらに人も車もなかった。
この日は屋台もほとんど閉まっていた。
暇すぎだった。

ラパスは騒々しい街で、
普通だと好きじゃない街の部類に入るはずなんだけど、
ここはなぜか例外で、好きな街の一つだ。




日本はやたら物価が高い、
生活するのにお金がかかるって言うけど、
それはみんなが働きすぎだからじゃないんだろうか。

もし、働く時間が過剰でなかったら、
身の回りの色々なことがDIYでできるから、
出費を抑えられる。

DIYで作られたものは既製品じゃないから、
もっと個性が溢れる風景になると思う。



自分で色々やってみると、
職人技のすごさが再認識され、
職人技が大量の既製品に押されて廃れるということも、
なくなるんではないだろうか。



日本の再生は、働きすぎの風潮がなくなり、
日常で色々なことに興味を持てるような余裕を各人が持てるようになること、
自分で自分のことを色々できるような時間的余裕を持てるようになること、から始まる気がした。

このことはまた、
世界へ向けた日本のアピールポイントの一つだと、
個人的には思っている「細やかな職人技」を、
強化することにもつながるのではないだろうかとも思う。




民芸品店が並んでいる通りにつかまった。
物欲刺激されまくりで、
なぜかズボンばかり、ちょっと買いすぎた。

今までは、旅行資金が減るし荷物も増えるから、
買い物はずっと我慢してたんだけど、
南米にいる時間もあとわずか、と気が抜けたせいか、
南米一物価が安いボリビアなせいか、買ってしまった。


しかし、インディヘナの織り成す布や帯を見ていると、
自分でカバンや小物を作りたくなってくる。
裁縫できないけど。
スポンサーサイト
Lima, PERU | HOME | Tupiza, BOLIVIA

COMMENT

NoTitle
>目指すところが決まっているのなら、目的を見失うことなく、
>ひたすらそこへ向かうべしということをガツンと言われた気がした。
>これからこのことを忘れないようにしよう。

>勝利の女神じゃないけど、
>ラテンアメリカの女神は、もうじき南米を離れる俺に、
>鏡張りのウユニ塩湖という最高のプレゼントを用意して微笑>んでくれていたのに、
>俺は自らそっぽを向いてしまったわけだ。

思考が1とすると、閃きには100万の情報があるといいます。
直感を捉えるにはコツが要りますけどね。旅はそれを鍛えるいいチャンスですね。

今年サルバドールから帰国した時、「なぜ日本の皆さんはあくせく働いてるんやろ~?」と思ったものです。でも働かなくては食っていけない現状にすぐに陥り(笑)、今は頑張ってます。
どこでどうやって暮らすか、人によって違います。自分にとって心地よいところで心地よく暮らせるのが一番いいと思います。
2010/04/18(日) 10:52:44 | URL | クロ #mn6gys/M [Edit]
> 思考が1とすると、閃きには100万の情報があるといいます。
> 直感を捉えるにはコツが要りますけどね。旅はそれを鍛えるいいチャンスですね。

直感を捉えるコツは、
旅の前よりはつかんだつもりでしたが、
マダマダってことを痛感しました。

最近、気づいたのですが、
先のことばかり考えている時は、
直感を捉えられなくなる気がします。

ウルグアイ辺りまでは直感で旅していましたが、
その後、先のことを色々考え始めてから、
勘が働かなくなってきた気がします。
2010/04/18(日) 20:26:02 | URL | rikiya #- [Edit]
NoTitle
イマを一生懸命生きるってことなんでしょうね。大事なのは。
2010/04/19(月) 08:45:24 | URL | クロ #mn6gys/M [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。