スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fez, MOROCCO

[time differences & weather]
GMT +0100(DST)
weather


[date & accommodation]
25.MAY.2010-26.MAY
Pension Batha
150.00MAD/day(twin)

26.MAY.2010-28.MAY
Hotel Cascades
80.00MAD/day

1.00EUR=10.793MAD


[how to come from London]
London Stansted->Fez
Air(Ryanair)
69.99GBR


[about accommodation]
Pension Batha
朝食つき。
共有シャワーなし。
トイレ室内、仕切りなし。

Hotel Cascades
共有シャワー・トイレあり。
値段は分からないが、テラスにも泊まれるようだ。
部屋ではないので安いと思う。


[about location]
保存状態が最もよいメディナらしい。
メディナはまさに迷宮。
メディナの中は車は通れないので、ロバが荷物の運搬で大活躍。


[photo]
Fez, MOROCCO



[misc]
人生初のアフリカ大陸。
人生初のイスラム教国。




フェズ空港から新市街へのバスで、
メディナ(旧市街)までの行き方を聞いていたら、
モロッコ大好きのロンドン在住イタリア人Alex43才と一緒に行くことになり、
フェズ初日は彼と行動をともにした。

晩飯を一緒に食べた後、
フェズの街も案内してくれた。

モロッコの旅のヒントを掴めたし、
俺の拙い英語に辛抱強く付き合ってくれて、
意外と話も広がったし、すごくいい1日だった。



彼は「モロッコ人は正直だ」と言っていたけど、
嘘は当たり前と聞いていたので「え!?」と思った。

何を基準に正直と言ったのか分からないけど、
日本とヨーロッパの考え方の違いが根底にあるんだろうな。






アレックス曰く、
ロンドンではイタリア人男性と日本人女性のカップルは、
そう珍しいことではないらしい。

イタリア人男性が好きな女性はロンドンに住めばいいと思う。


イタリア人男性じゃなくても、ロンドンは人種の坩堝だから、
色々な外人と付き合ってみたい人は是非ロンドンへ。

日本人女性は基本的にモテるから、
いい思いができるかも?





アレックスはお金よりも自分の時間を大事にするライフスタイルを選択したらしい。
贅沢するお金はないけど、日常生活は必要なものは十分揃っているし、
旅も沢山できる、と。

来週、彼女がベルリンからロンドンに来るから、
今回は1週間くらいしか旅ができないけど、と残念そう言った。

ヨーロッパの飛行機会社は
早めに予約すれば日本では考えられないくらい安い会社もあるから、
安宿に泊まればそんなにお金もかからない。
往復20ユーロとか、片道8ユーロとか。




今やっている仕事は、1日14時間働くらしいけど、週2、3日。
そして、7,8月は休み。

給料は日本円にして月20万強。
そして、家賃は給料の約半分。

もう少しお金があればいいと思うことはあるものの、
基本的には今の生活に満足しているとのこと。

「足るを知る」ってこういうことなんだろうか。




今の日本のライフスタイルだと、
「足るを知る」という境地に行き着くのが、
ものすごく大変だと思う。

多すぎるモノと情報、過剰サービスが当たり前になっていて、
更に仕事に時間の大半を持っていかれ、
自分には何が足りていれば満足かということを悟る余裕や機会がないまま、
年を取ってしまうのではないだろうか。



そういう俺は、会社を辞めて2年が経ち、
自由な時間だけは大量にあるが、
何が足れば満足なのか、
いまだによく分からない。

でも、前よりは見えている気がするし、
要らないものは前よりも明らかに分かるようになった。





モスクの前をたまたま礼拝の時間に通ったら、
中を眺めることができたので、しばらく眺めていた。

結構な人数の人達が同じ方向を向いて正座し、
頭を地面に着けてアッラーに祈りを捧げる風景は、
なんとも不思議な、若干異様な印象を受けた。


同時に思ったのが、
モロッコ人にとっての「アッラー」は、
日本人にとっての「仕事」なのではないか、と。

例え話だけど、
仕事教という宗教が存在して、
その戒律がとても厳しいのが日本。

モロッコでは「アッラー!アッラー!」
日本では「仕事!仕事!」




日本は長時間労働が問題というけれど、
長時間労働というよりは、
長時間緊張と言ったほうが正しいと、
いつからかは忘れたけど、そう考えるようになった。




ちなみにモロッコは、
イスラムの戒律は緩い方らしい。
これ、Alexが言ってた。

イスラム教徒しか入国できないというサウジアラビアなんかは、
モロッコの10倍は戒律が厳しそうだ。









日本人旅行者の間でモロッコは、
世界3大「人がうざい国」の1つ、となっている。

そういうこともあり、
客引きがとてもしつこいと思っていたんだけど、
まあ、たしかにしつこい、というか、
イライラするくらいしつこい人も中にはいるけど、
全般的にそんなにうざいかな。

構えて行っただけに拍子抜けしたくらい、あっさりだったけど。

たまたま、ここはそうでもない街だったのかな。

ちなみに、世界3大「人がうざい国」の
残り2つはインドとエジプト。

残り2つは行ったこと無いから分からないけど、
そっちの方がうざそうだな。



モロッコはいい人と金目当ての人と、
声をかけられた時点で見分けるのはちょっと難しい。

どっちも同じように声かけてきて、
しばらく同じ会話が続くから。

金目当てと分かったら、
裏を返したように無視モード、
もしくはNOしか言わない態勢を取るから、
あまり問題ないけど。




イスラムの格好をした女性がたくさん歩いている風景は、
生まれて初めて目にする光景だった。


スタイルというか、服の型?は3パターンくらいあって、
同じ型の人を比べて見ても、
なぜか同じには見えない。

日本だと同じスタイルをしている人達は
皆、同じに見えてしまう。




違いは何なんだろう。

色の組み合わせが
こちらのほうが多彩というのはあると思うけど、
それだけかな。
スポンサーサイト
Hamburg, GERMANY | HOME | Voy a ir a Kyoto mañana.

COMMENT

アフリカ大陸
初上陸おめでとう。

日本の仕事教は全くですね。

世界を肌で感じた人の新しい視点や価値観が、これからまた新しい日本を作るのだと思っています。
2010/06/23(水) 09:25:10 | URL | クロ #mn6gys/M [Edit]
ブラックアフリカまで足をのばしたかったけど、
結局、アフリカ大陸はモロッコだけで終了しました。

そういえば、日本では買い手も神様に位置づけられていますね。
2010/06/24(木) 07:07:05 | URL | rikiya #- [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。