スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fairbanks, AK, USA Vol.2

[time differences]
GMT -0900


[date]
11.10.2008-11.17
7 nights


[accommodation]
Chandaler Ranch
[map]


[rates]
30.00USD/day (exclude bedtax 8%)
ice fishing ... 160.00USD
dog mushing ... 75.00USD


[how to come from downtown of Fairbanks]
Transportation(round trip)
50.00USD


[about accommodation](Japanese only)
rating...7/10

老オーナー夫妻がやっている。
二人ともフレンドリー。
日本人が多く訪れてきているようだ。
ChenaHotSpringsまで5kmくらい。
無線LAN使用可。
ドミトリー男部屋はちょっと寒い。

周りには本当に何もないので、
ダウンタウンに迎えに来てもらって、
宿へ行く途中でスーパーで買い物をする。
帰りはもちろん送ってもらう。

犬ぞりやアイスフィッシングなど、
冬のアクティビティが楽しめる。

1階は広いキッチン、でかいテーブル、個室3、4部屋がある。
何か食べたり、飲んだりしながらの夜中のオーロラ待ちはここで。
シャワー・トイレも1階

水道水はよくないので、
飲料水は別タンクに入っている。
温泉が近いせいか、
においがある。シャワーも温泉のにおい。

今後、度々遭遇するであろう悪い水に、
腹を慣れさせるために
水道水でお茶を沸かして飲んでみた。
この水で米を炊いてみた。
カップラーメンを食べてみた。
野菜をゆでてみた。
口をゆすいでみた。
ちょっと飲んでみた。
が、腹は壊さなかった。
無問題。

2階にも共通スペースがある。
ここには、テレビがあったり、
XBOXがあったり、DVDがあったり、本やアルバムがある。
防寒具が山積みになっている。
雰囲気がいい感じの階。

孫のBrianと仲良くなる?と、
XBOXで一緒に遊べる。

そして、3階がドミトリー。2部屋。
ベッド数は少なさそう。
男部屋には、Brianのベッドもある。


[about location](Japanese only)
周りには本当に何もないけど、
昼の1時間くらいの散歩がいい。
意外と飽きない。

緩やかな風の音が響く。
雪を踏みしめる「きゅっきゅっ」という音が響く。
どこからか、何かの動物の遠吠えが聞こえる。
どこで遊んでいるか分からない、子供の声が聞こえる。

そのくらい静か。


[misc]
まずはじめに。

オーロラ観測には条件が悪くて、
「おー!!」っと叫びたくなるようなオーロラは、
残念ながら観測できませんでした。

微妙なオーロラは観測できました。

オーロラを見たい方。
来年はオーロラの活動が活発になるらしいので、
見たいなら来年行くといいと思います。


それにしても、ここでは沢山のアジア系の人と遭遇した。
たくさんの台湾人と少しの日本人。

その中のハネムーンで来ていた微笑ましい台湾人カップル。
人見知りをしない、とても社交的な奥さんと、
ちょっと人見知りっぽい、人のよい一眼レフと奥さん大好きな旦那さん。

実はこのカップルとは
アンカレッジで宿が一緒で、
フェアバンクスへ来る時も同じ電車だった。

その間、キッチンで会ったときに挨拶を交わす程度で
ほとんど話さなかったのだが、
ここで再会して少し話をするようになった。

ハネムーンと知ったのもここでだ。

2週間のハネムーンで、
アンカレッジ→フェアバンクス→シアトルかバンクーバー
という経路で安宿を転々としているらしい。

この夫婦をみて、
こんなハネムーンもあるんだなあ、と
目からうろこが落ちた感じ。

なんか、いいなあ。
そういう新婚旅行ならしたいな。


あと、最後の2日くらい
一緒だった日本人の女性。

フェアバンクス最終日、
飛行機の時間が夜中だったので、
時間つぶしに宿の隣にある小学校へ行こうということになった。

俺は校庭までしか行くつもりがなかったけど、
なんと「中へ行きましょう!」とおっしゃる。


ということで、校舎に入り扉を閉めたら…


いきなりブザーが鳴り響く。

うちら戸惑い、二人とも固まる。

先生と子供が外に出る。

どさくさにまぎれて、
とりあえずうちらも外に出る。

「やばい」と思いつつもどうしていいか分からず、
外に出てポカーンとしてたら、
先生らしき女性に微笑みかけられる。

こどもは笑顔で騒いでいる。


なーんだ。


もしかして、ただの避難訓練?





ということで、
またブザーが鳴ったらどうしようとびびりつつ、
もう一度校内へ。

今度は何事もなく入ることができ、
見学させて頂くってことで、
校長先生に挨拶したり、
気さくな図書室の先生と話したりした後、
校舎内をブラブラしました。

生徒はびのびしていて自由な感じ。
雰囲気はカラフルで明るい感じ。

そんなことを思いながら
校舎内をフラフラしていたら、
Brianに声をかけられる。

"What are you doing here?"

そりゃ、聞くわな。

ていうか、普通入れないよな。

東京だったら、
警備員なんかが出てきて怒られるだろう。

フェアバンクスの小学校、
なんとのどかなことか。



そういえば、
ここの校長先生は、
校長先生にしては若い、
女性の先生だったんだけど
とても威厳があった。

ちょっと気圧された感じ。

先生にしろ会社の上司にしろ、
ああいう雰囲気の人ってそんなにいない気がする。

そんなことはないんだろうか。


[photo]
Fairbanks, AK, USA Vol.2


スポンサーサイト
Flagstaff, AZ, USA & 3-day driving | HOME | Fairbanks, AK, USA Vol.1

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。