スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康保険、国民年金、住民税

会社を辞めたら、
今まで天引きされていたものを
自分で管理しなければならなくなるので、
結構面倒くさい。

ということで、
32才独身男性サラリーマンが退職して無職になると
天引きされていたものをどのように自分で支払うのかをメモ代わりまとめた。
初めて無職を経験する人の参考になるかもしれないし。

それにしても、天引きされていたものを、
自分で払うようになるって考えると、
金額が異常に高く感じるな。

まあ、実際高いけど。


★健康保険
健康保険は必ず加入しなければならない。
退職日の翌日から1日でも空白があってはならない。

1.国民健康保険
住んでいる場所の市町村役所にて手続き。
他のところも算出方法が一緒かどうか分からないので、
今住んでいる目黒区の算出方法を載せておく。

月額保険料 = (基礎保険料+後期高齢者支援金分保険料) / 12
基礎保険料 = (加入者全員の当該年度住民税額合計×0.9) + (28,800円×被保険者数)
後期高齢者支援金分保険料 = (加入者全員の当該年度住民税額合計×0.27) + (8,100円×被保険者数)

2.任意継続保険
退職した会社で加入していた健康保険にそのまま加入すること。
会社と折半して支払っていた保険料を全額払うことになるが26,240円が上限となる。
要するに今まで天引きされていた保険料の倍の額を毎月払うってことですな。
任意継続のための手続きは資格喪失後20日以内に行うこと。

ただし、
「資格喪失日の前日まで、継続して2ヶ月以上の被保険者資格を有していること」
という条件をクリアしていないと任意継続はできない。


★国民年金
今までは国民年金と厚生年金保険に加入していた「第2号被保険者」だった。
これも会社と折半で払っていたはず。
無職になると国民年金のみの「第1号被保険者」になる。

第2号被保険者の月額保険料 = 国民年金保険料 + 厚生年金保険料
第1号被保険者の月額保険料 = 国民年金保険料


国民保険の保険料は定額になっていて平成20年度は14,410円。
平成29年度まで約300円ずつ保険料が毎年上がっていく。
厚生年金の保険料は年収によって変わる。


★住民税
1月1日現在に在住していた市町村へ納付する。
前年度の所得に対して算出された金額を、
6月から翌年5月にわたって払う。

1~5月に退職した場合は残金を一括納付。
6月~12月に退職した場合は、
6月、8月、10月、翌年1月の4分割で納付。
スポンサーサイト
巡り合わせ | HOME | 会社を辞める。

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 
| HOME |

Profile

rikiya

Author:rikiya
Estoy en Japón. Recientemente siemple pienso que lo que haré.

La ruta que viajé de nov del 2008 a dic del 2010.

View wandering log in a larger map


Puedes ver fotos de mi viaje si haces clic esta dirección.
http://picasaweb.google.com/rikiya0926/

twitter
http://twitter.com/rikiya0926

flag counter since 18.ABR.2010
free counters

Calender

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Articles

Labels

Archives

Comments

Search

Links

Counter

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。